読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

全部、ヤっちゃうね。

わんわんの街遊びブログ

言葉の奥の意味

------------------------------------------------------------ 

「じゃあ秘密を教えるよ。とてもかんたんなことだ。ものごとはね、こころで見なくてはよく見えない。いちばん大切なことは目に見えない。」-星の王子さま

------------------------------------------------------------

 

「私、初めからこうしたかったのかな・・・。」

 

 

 見ず知らずの人とそれなりにうまく付き合うことができる。

 それは、世の中でそれなりに生きていく上で必要なこと。

 僕も、それなりの会話で、人とつながることはできていた。

 もちろん、それなりの関係でつながる程度だ。

 ただ、本当にその人の本質を見て生きてきているのだろうか。

 自分の本当の部分を知ろうともしない相手に、こころを開こうとするのだろうか?

 僕はこんなことを考えながら友人とのコンパ会場にいた。

  

 まだ、冬の寒さが残る2月某日、U街。

 

f:id:snake-machiasobi:20170226110136j:plain

 

 コンパ子「好きなタイプは~??」

 わんわん「エロい子かなぁ。てかエッチ好き??」

 コンパ子「なんで会っていきなりそんなこと聞くん!?」

 わんわん「エッチ好きな子がいいから♡」

 コンパ子「もっと普通の質問してよ!!」

 わんわん「じゃあ好きな・・・タイイは??」

 コンパ子「もぉぉぉぉぉぉ!!!」

 

 そんなこんなで今回のコンパも圧倒的に嫌われて終了。

 そう、わんわんはコンパにおいて女の子から好かれることはない。

 

 (´-`).。oO(今日も見事にモテへんかったなぁ。。。

 

 そして、その帰り道。

 家路に向かう人でごったがえす駅。そこをわんわんらが歩いて帰っていると

 ふと横に・・・

 

f:id:snake-machiasobi:20170226112126j:plain

 

 ほどよくかわえぇぇぇぇ!!!!!!!

 コンパで全くモテなかったわんわんは、すかさず壇蜜子にお声かけ。

 

 わん「いやぁ、モテへんわ!圧倒的!いやもはや神ってるね。うん・。」

 壇蜜子「なんかあったんですか(*´ω`*)??」

 

(´-`).。oO(エェ子そぉやなぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!コンパのお口直ししてもらおw

 

 わん「今日のコンパで圧倒的にモテへんかったから慰めて(;_;」

 壇蜜子「カッコいいしモテそうですよ♡」

 

 

 (´-`).。oO(あぁぁぁっぁぁぁlftねgmdhsmgdさmgsg

 

 

f:id:snake-machiasobi:20170226112920p:plain

 

 ということで、ひとまず連絡先を交換して後日遊ぶことに。。。

 

 2月××日 U街

 休日ということもあり、街は人であふれていた。

 カップルが腕を組んで歩き、親子連れが手を取って歩いていた。

 

 待ち合わせまで時間があったのでマインドセットし、今日のデートをイメージ。

 

 LINEでの食いつきは良好。

 いつものバルで飲んで、そのあとホテルに誘おう。

 今日の壇蜜子とは、こころで会話をしてみよう。

 エロい話ばかりをして、相手の気をさぐるのはやめよう。

 

 壇蜜子「お待たせ~♡♡」

    

 

f:id:snake-machiasobi:20170226115059j:plain

 

(´-`).。oO(かわぇぇなぁおい。。。

 

 コートの中はオフショルダーのニットにセクシーなスカート

 壇蜜子はデート仕様で、間違いなくわんわんを意識してくれていた。

 

 ということで、いつものバルIN!!

 

 二人でたくさんの会話をした。

 学生時代の話。

 恋愛の話。

 仕事の話。

 両親や友人の話。

 壇蜜子のことを知りたいと思った。

 

 これまでのように、ボディタッチをすることで自分に食いつきがあるかを確かめることなく、二人でいろんな会話をし、時間がすぎるのはあっという間だった。

 僕がみる限り、壇蜜子は完全に仕上がっていた。

 これまで出会ってきた男とは違う特別な存在

 尊敬の眼差しで語りかけてくる様々な言葉

 こころとこころをつないだ二人

 

 もうこの店で時間を使う必要はない。

 会計をすませ、スムーズにホテルに誘った。

   

 わん「ここでもっと口説かせて?」

 壇蜜子「ホテルは行かないよ。」

 わん「えっ??」

 

f:id:snake-machiasobi:20170226123513j:plain

 壇蜜子「だから、ホテルは行かないよ。」

 グダられることを想定していなかったため、すぐに返しが出てこなかった。

 ただテンションは変えず振る舞うことが精いっぱいだった。

 

 

 わん「おぉぉぉ・・・そうか!!断らせてすまんwww」

 

 

 完全に仕上がっていた。。。。。。

      完全に仕上がっていた。。。。。。 

           完全に仕上がっていた。。。。。

     

 完全に仕上がっていると思ったあの感覚は間違っていたのか。

 いや、そんなことはない。

 ここは、もう一度歩きながら壇蜜子の話を聞くことにした。

 

 話を聞いているとふとバルで話した壇蜜子の言葉が蘇ってきた。。。。

 

 

 壇蜜

 「私ね、最近好きな人にいきなりブロックされたの。しかも体許した次の日から。ひどいと思わない?私って見る目ないのかな。。。」

  

 

 たぶん、壇蜜子はこのことが怖くて僕ともそういうことができないのか。

 でも、おそらくその男と僕を一緒にしないでほしいと言ったところで、今日ホテル行くことにはならないだろうと思った。

 じゃあどうするべきか。

 そう考えているうちに、二人は改札近くまで来ていた。

 

 わんわん

 「俺は壇蜜子が見る目がないとは思わない。だから、今日俺とこのままバイバイすることに壇蜜子が後悔しないなら俺はここで潔く帰るわ。少しでも後悔しそうなら壇蜜子から行動してね。」

 

  そう言って、僕は反対方向に歩いて行った。

 エスカレーターを降りきったところで、僕の左腕に絡みついてくる腕があった。

 

 

 数時間後

 壇蜜子は僕の腕のなかでこう言った。

 

 壇蜜子「私、初めからこうしたかったのかな。。。。」

 

 その目は、こないだのつらい記憶から解放されたようなすっきりした目だった。

 そして、こう続けた。

 

 壇蜜子「わんわんがエッチ下手だったらたぶんブロックしてたwww」   

 

 そう、結局こころで見なくては見えない。

 いちばん大切なことが。

 壇蜜子にとってのいちばん大切なこと。

 それは、こころとこころのつながり??

 ちがう。

 それは、モノの相性とテクニックだったってこと。

 

 

 

 

 わんわんは、これからも街をさまよう。。。。。